曲が吹けるようになる!練習方法

難しいパッセージや、うまくいかないフレーズを、
「とにかくゆっくり練習しましょう」と言われることがあると思います。
そう、確実に曲が吹けるための方法は、「ゆっくり練習」です。
ゆっくり練習には  大きく分けて3種類あります。
これから、この3つについておご紹介します。

ゆっくり練習3種とは

ゆっくり練習の目的は、この3つです。
  1. 「受け入れる」
  2. 「インプット」
  3. 「思い出すため」

それぞれを、解説しますね。

①「受け入れる」

初めて見る楽譜に書いてあることを、
「へぇ〜、そうなんだぁ」
と読んでいきます。
いわゆる「譜読み」です。
見たり、吹いたりを繰り返し、
調性、リズム、ABAなどの構成、運指などを知ります。
“この曲で何をしていくのか”を知ることでもあります。

②「インプット」

①で知ったことを、今度は自分にインプットします。
  • リズム練習
  • メトロノームに合わせる
  • 発音を取って、息やお腹だけで吹く
これらを反復練習しましょう。
ゆっくりの中でも、テンポを上げたりします。
「実際の速さでもやってみるけれど、大枠ほとんどゆっくりに時間を費やしている」練習が、おススメです。
その時は“何も考えていない”のではもったいなく、頭でも覚えてしまうように、意識して吹きます。
練習が終わったら、つい口ずさんでしまう、はたまた夢にも出てくる!?(少々言い過ぎですが・・)
そんな状態なら、効果的な練習ができていると思います。

③「思い出すため」

いわゆる「全体確認」です。
その日初めて曲を練習するとき、全体を通す前、練習を終える前。
または、今日は5分しか吹けない、など時間がタイトなとき。
そんなときは、
「敢えてゆっくりやって、どういった動きだったかを思い出す」ことで、効率的な時間を過ごすことができます。
それは部分的でも、全体でもいいと思います。
どこで吸うか、ブリチアルディキーはどこで外すか、
どんな流れで何が出てくるのか、など、
その場所に関する全体です。

「身体で覚えろ!」は正しい?

「身体で覚えること」は、
実は、身体自体とか、筋肉が記憶しているわけではないそうなんです。
覚えるのは身体じゃなくて、「脳」。
脳は何百億個もの神経細胞でできています。
脳から電気信号が発せられ、それで手足に伝わり、動作が生じる…
演奏や運動が、良い感覚で行えた時の神経回路を、
脳が記憶していくのだそうです。
つまり、「身体で覚えろ!」の身体は、「身体=脳」ということになるのですね。
では、どうやって脳に記憶してもらうのか。
専門家は、このようにまとめています。
< 演奏・運動を上達させるための7つのコツ >
  1. 反復練習
  2. 練習の目的を考える
  3. たまには休んでみる
  4. 成功したら続けてみる
  5. 練習していなくてもイメージしてみる
  6. いい動きは応用してみる
  7. 時折見直す
フルートの演奏は、結構なエネルギーを使うし、ある意味運動に近いものかもしれませんね。

メトロノームは、大きい音で

ゆっくり練習、反復練習のお供である、メトロノーム。

私のメトロノームにまつわるエピソードをご紹介します。

聞こえてくるのは、自分の音か、メトロノームか

昔、普通のメトロノームを使っていました。
チューナーとセットになっているやつです。
そうしたらレッスンで、
「全然音が聞けてない。あなた、自分の音じゃなくてメトロノームを聞いてるんでしょ!
一番大きい音のメトロノームを買ってさらい直しなさい!」
と言われてしまいました。
帰りに「お店で一番大きい音のメトロノームください」と、
お小遣いのほとんどが消え、かわりに手にしたメトロノーム。
これが爆音すぎて、実家のネコが暴れるだの、家族まで“なにこの音!?”の雰囲気・・
でも、爆音はいいですよ!!
購入しなくてもいいので、とりあえず、
メトロノームは一番大きい音で鳴らしてくださいね。
おススメです!

 

いかがですか?
ゆっくりできるものは、テンポが上がってもきれいに吹くことができます。
その意味で、ゆっくり練習は、とても大事です。
でも、時には早いテンポもやってみてくださいね。
そうしてまた、ゆっくり練習に戻る。
自分が今やっている、ゆっくり練習は、3種類のうちどれなのか、を知ることで、
効率も、メンタル的にも充実感が増していきますよ。
ぜひ、やってみてくださいね!
>フルートで、彩りある生活を。

フルートで、彩りある生活を。

憧れのフルートを、あなたも吹いてみませんか?