フルート初心者さんのための楽器紹介

皆さんは、「フルートってどんな楽器?」と聞かれたとき、どんな風に答えますか?
私は、小さなコンサートで楽器紹介をすることがあります。
そんなときに、何を説明すればいいのか、いつもソワソワしていまいます。
演奏の方がずっと楽~!!
ですが、お客様の「そうなんだ」という雰囲気をを感じたとき、知ってもらえてよかったな、と感じます。
今回は、フルートの基本的な情報を、ご紹介しますね。
もしかしたら、知っていそうで知らない話があるかも知れません。

フルートの身体的な情報

・長さ、直径、重さ
長さ:約69cm
直径:約2.5cm
重さ:400~500グラム(銀が増えると重くなる、金はもっと重くなる)
・パーツの数
400個のパーツで、1本のフルートができている
・トーンホール(胴部管と足部管にあいている、穴)の数
16個のトーンホールで、1本のフルートができている

フルートの音が出る仕組み

フルートは、吹くのは難しいですが、音を出す原理は原始的です。
ビール瓶などに息を入れて、「ボー」っと鳴らして遊ぶことができますが、それと同じ理屈です。
難しくいうと、口から出した息が半分楽器の中へ、残り半分が楽器の外へ出ていくと、音が出ます。
使った息のうちの半分は楽器の外に出てしまうのです。
他の木管楽器や金管楽器は、吹き入れた息は100%使われます。
フルート(ピッコロ含む)だけが、半分が外に出てしまいます。

歴史(簡略バージョン)

フルートは、管楽器の中で1番古い歴史をもっているといわれています。
その歴史は古く、旧石器時代の遺跡から発見された、動物の骨で作られた横笛が祖先とも言われています。
バッハが活躍していたころは、フルートと言えば「たて笛」(リコーダー)が主流でした。
「横笛」のフルートは特殊な楽器でした。
「横笛」はモーツァルトの時代に注目され、「たて笛」と同様にフルートとして認められるようになりました。
しかしこの時代の横笛のフルートは「トラヴェルソ」と言って、音程が不正確で演奏の大変難しい「木製」の楽器でした。
現在の形になったのは、18世紀にドイツのフルート奏者“テオバルト・ベーム”によって改良されてからです。
高い運動性に加えて、音程や、表現できる音色がグッと幅広くなりました。
私たちが使っているフルートは、この「ベーム式横笛」のことなのです。

木管楽器に分類されるワケ

フルートは、見た目も華麗な銀色、金色ですね。
ですが、昔のフルートはみんな木でできていました。
それが、ベートーヴェンより少しあとの時代に、ドイツのフルート奏者“テオバルト・ベーム”によって大改良されました。
彼によって、初めて金属製のフルートが誕生したのです。
金属製になったことで、音量が出しやすく、安定した音程で豊かに響くようになりました。
いかがでしたか?
フルートの音が出る仕組みは、いたってシンプル。
しかし、長い歴史があり、その歴史で改良され続けた結果、私たちが快適にフルートを演奏できています。
この情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
>フルートで、彩りある生活を。

フルートで、彩りある生活を。

憧れのフルートを、あなたも吹いてみませんか?