コツコツ上達するためのアイディアと、決まりごと

「今日も練習するぞ!」
「曲が面白くなってきたぞ!」
吹きたい気持ちが強いときって、楽しいですよね!
こんな時、突然、理想のテンポで吹いてしまうことはありませんか?
私は、その曲が、ばっちり手の内に納まっていない限り、
ゆっくりから始めることをおススメします。
ちょっと、例え話になりますが・・・
新年のニューイヤー駅伝。
行き当たりばったりではなく、
ここが急坂とか、ここで給水とか、
相当の“戦力分析”を踏まえた上で、走っている様子を、テレビで観ることができます。

演奏も同じです。

どんなことを吹くのか、通す前に、
一度確認しておきましょう。

思い出すこと、確認すること。
この一手間だけで、演奏が深くなりますよ。

練習でも、メモがおススメ!

ゆっくり演奏したら、
前回の練習と見比べてメモを取ってみると、色んなことが見えてきます。
  • どのテンポまでやったのか
  • どのスラーがうまくいかないのか
  • どの臨時記号を間違えるのか
などなど、具体的なことを書くんです。
それを見て、練習する時に“今日のタスク”として始めれば、マンネリ防止にもなりますよ!
私は、楽譜の上の空いているところに、テンポの記録を書いたりしています。
他にも「元気よく」「決然と」「フレーズ」など、キーワードも書いて、
演奏の最初に目に入るようにしています。

やりたいテンポで突然通したら、どうなるか

熟達していない状態で、理想のテンポの演奏に突入すると、
こんな困ったことが起きてしまいます。
頭の中が追いついていかない
不必要に緊張する
よって体がこわばり
間違える、
指が回らずテンポが暴走する
「吹きたい気持ち」とは裏腹に、悲しいことになってしまうのです。

でも、テンポで通すことも必要

とは言っても、テンポで通すことは必要です。
一通り確認ができ、じゃあやってみよう、という状態でやってみましょう。
 その時も「できてる・できてないチェック」をしがち。
ある意味、当然ですよね。
でも、もっと大切なこともあるんです。
それは“「表現したいこと」が、
はっきり決まっているか”です。
「うまくやろうとする」気持ちは置いておき、外に表現すること。
これが、テンポで通すときにすべきことです。
そして、これからご紹介する
“決まり”も、大事になってきます。

通すときに守るべき“決まり”とは

「通すとき、これは決めておいた方がいいよ」と思うこと。
ひょっとしたら、誰もが経験があるかもしれませんが・・
その“決まり”とは、
「やり直しをしない」ことです。
やり直しは、言い換えると、
こんなことでもあるんです。
演奏する
間違えた!
とっさにやり直す
間違いを、“なかったこと”にする
 私も、結構やってしまっています…
ただ、結局のところ、
「一度間違えても、やり直せばできる」ことを、
身体に覚えさせてしまうんです。
これがクセになったら、合わせやアンサンブルなどで苦労しそうですね。
通すときは、「一発勝負!」 と決めてから、通しましょう!
>フルートで、彩りある生活を。

フルートで、彩りある生活を。

憧れのフルートを、あなたも吹いてみませんか?