フルートの取り扱いで気をつけたい2つのこと

フルートを初めて購入するけれど、どんなことに注意すればいいかわからない…
そんな時に知っておきたい、2つの知っておきたいことをご紹介します。

「結露」について

フルートは、全体は金属でできていますね。
指を押さえる「キー」というパーツの裏側には、黄色いものが入っています。

これはタンポと言って、かなり繊細な材質で作られています。

このタンポの健康状態を保つことが、大事になってきます。

タンポ(パッド)の正体

タンポ(パッド)は、フェルトと薄い皮と、紙でできています。
詳しく言うと、羊の純毛で作られた織りフェルトを丸く抜いたものに、子羊の腸の皮を張ってあり、吟味された紙でかぶせてできています。
これだけ発達した世の中ですから、もっと別な材質が考えられても、よさそうなものですね。
ですが、良い音のためには、この昔ながらの材質が最良なんだそうですよ。
ちなみに…
虫はこのフェルトが大好きで、皮を喰い破ってタンポの中に入ってしまうそうです。
フルートを毎日吹けないときは、1週間に一度は外気に当てて虫干ししましょう。
※外気にさえ当てておけば、虫よけは必要ありません。

なぜ「結露」が天敵なのか

「初めはちゃんとなっているけど、しばらく吹いていると低音が鳴りにくくなるなぁ。」
こんなことが、11月~3月位まで起こりやすいです。
これには、大切なことがからんでいます。
吹き終わってから管の中に掃除棒を通すと、ガーゼがビショビショになったりしますよね。
暖かい息が冷たい管で冷やされると、フルートの中で結露が生じ水滴が溜まります。
これは、管が冷えているほど、または寒いときほど著しくなります。
水分がフルートの中にしばらくあり、パッドに吸収されたままだと、パッドが乾燥したときに収縮してしまいます。
収縮したものは、原形には戻れません。
そして、カップとパッドの間に隙間ができてしまうのです。

これが何度か繰り返されると、トーンホールが密閉されなくなってしまいます。

これが「初めは鳴っているけれど・・」となる原因です。
この事態を防ぐには、この2つが大事です。
  • 吹奏の途中でも、頻繁にガーゼを通すこと
  • できるだけ管体をあたためてから、吹き始めること
真夏でも冷房によって結露は起こりますので、ぜひ気をつけたいですね。

「持ち運び」について

保管は、温度・湿度の安定した場所で

フルートに限らず木管楽器は、「温度・湿度の安定したところ」で管理しましょう。

なぜかというと・・パッドが温度湿度に大きく影響を受けてしまうのです。

特に異常な暑さの中では、メチャメチャに狂ってしまうんだそう。
夏場、絶対に避けたいのは、楽器を車の中や、直射日光の当たるようなところ、部屋の日の当たる窓際などに置くことです。
冬でも、車や日の射す場所は温室効果があるために禁物だそうです。

持ち運びにも、心配りを

持ち運びは、細心の注意を払いましょう。
本人はぶつけたつもりがなくても、持ち運びをしていると、いろんなショックが加わります。
ジョイント部のへこみなどは、ほとんどこの「ケース内での事故」であることが多いそうです。
衝撃を防ぐには、リュックが最良と言われますが、勿論、普通の薄手のケースカバーでも充分に大丈夫ですよ!
ただ・・普通のバッグのように、大手を振って歩いたりせず!?、大事な生き物を扱っているように、混雑の中では胸に抱いたり、ひっかかったり、ぶつかったりしないようにしましょう。
いかがでしたか?基本的なことを守って大切に使うことで、フルートを健康な状態で保つことができます。
ぜひ、参考になさってみてくださいね!
>フルートで、彩りある生活を。

フルートで、彩りある生活を。

憧れのフルートを、あなたも吹いてみませんか?