ロングトーンが超重要な理由

ロングトーンは音を作るための練習です。
レッスンでも、ロングトーンを大切にしています。
しかし、その理由を考えたことはありますか?
今回は、ロングトーンのマンネリを防ぎ、どうやったら効果的になるかをご紹介します。

プロでもロングトーンから始める

フルートのプロでも、最初にすることはロングトーンです。
なぜかというと、よい演奏のためには必要なことだからです。
ロングトーンは、スポーツのウォーミングアップに匹敵します。
きっと、どのスポーツ選手も、朝の練習は準備運動などで身体を整えることと思います。
私たちも、すぐに曲を始めるのではなく、まずロングトーンで準備運動をします。
身体を、フルートを吹くための良い状態に整えていく。
自分の身体に目を向ける。
したい表現をするためには、基本が、本当に大事です。

どの教材でも取り上げられているけれど

フルートは、沢山の教則本がありますが、
ロングトーンは、必ず載っていることの1つです。
そして、ほとんどが同じ方法で、やりたいことが一緒です。
やりたいこととは、2音以上をスラーで吹くこと。
どうして2音、2音以上かというと、実は深い理由があります。
それは、「音楽は2音以上で成立するから」。
ロングトーンも、ただ“機械的に”ではなく“そこに音楽を感じて”吹く。
ここがとても重要なところです。

ロングトーンを続けている人の演奏は

日々ロングトーンをされている人は、こんな風になっていきます。
  • メトロノームのテンポに合わせられるようになった!
  • 四分音符60で4拍伸ばすのが苦じゃなくなった!
  • 自分好みの音を出せるようになった!
  • 自分の音を客観的に分析できるようになった!
このように、自分の息をコントロールできるようになります。
フルートは、息を吐いて音を出す楽器。
よい演奏のためには、息を吐く「自分の身体」をコントロールすることが大切です。

ロングトーンがめんどくさい人

逆に、「めんどくさい」「前の教室でもやっていたけど、つまらなかったから」、
など、ロングトーンの練習が重要でない、と感じている方も、中にはいます。
必要なことをしなければ、先ほどのような楽しいことは難しくなります。
また、ロングトーンがあまり大事にされていないな、という方の共通点も、
実はあります。
  • 音が固い
  • ワンパターン(常に同じ表情)
  • レッスンでのアドバイスが理解しにくい
「レッスンでのアドバイスが理解しにくい」というのは、少々キツい表現ですが・・
具体的には、
“このあたりは低音域が多いから、もっと鳴らした方がいい”
“華やかなフォルテにしたいから、もっと口の中を広くして”
など、提案に対して「なんで?」と思われるようです・・・
更には、こんな良くないことも考えられます。
  • 体に不必要な力が入ったまま演奏するクセがつき、長時間の演奏は困難
  • クセのある奏法を直すのが、かなり大変
こんなことになったら、大変どころではありませんね。
頭で音楽を理解することと、吹き方をコントロールすることは別。
吹き方をコントロールできる状態で、初めて、やりたいことが実現できます。
とはいえ、もうほとんどの方が、ロングトーンを丁寧にやってくれています。
どうぞご安心を・・!

上達中の方こそ、ロングトーンを

その方のレベルや年数に合ったロングトーンを選ぶことも大切です
フルートを始めて日の浅い方は、
吹き方を「安定」させることが第一です。
  • 息の強さ
  • 口の形
  • 楽器の角度
これらが、色々と変わってしまうからです。
まずは3拍、4拍など、徐々に音が長く吹けることを目指しましょう!
フルートをある程度吹ける方は、
様々な課題があります。
  • 音によって音量にムラがないか
  • 音色は均一か
  • 自分の思ったタイミングで音が出せるか
  • 意識して吸えているか
そして、イメージがとても大切です。
  • 自分はどんな音が好みか
  • ステージや広いところで吹くことを想像できるか

気分がのらない時には

「今日もロングトーンからかぁ・・」と思ってしまう時は、ありませんか?
そんな時は、自分の気持ちを優先して、変化をつけてみましょう。
  • 中音域からなのを、低音域から始めてみる
  • 楽譜を左から右に読むところを、右から左に吹いてみる
  • 全部お腹だけで吹いてみる(Fuのやり方)
それでも気乗りしなければ、音階練習からやって、次にロングトーンでも、全く構わないと思います。
なんとなくやらないこと。これが大事です。

コンクールの楽屋では

若いとき、コンクールに何度も挑戦していました。
受付を済ませ、楽屋の扉を開けると・・
大量の「シーシ♭~~~」!!
ソノリテの6ページの1段目が、扉から大量に溢れてくるのです。
そして私も、「シーシ♭~~~」とやるのですが。
でも、その日の朝も、楽屋でも、皆さん同じロングトーンをされているんですね。
不思議な光景ではありましたが、なんだか懐かしくもある今日この頃です。
いかがでしたか?
ロングトーンを続ければ、音色は素晴らしいものに成長します!
丁寧なロングトーンで、表現豊かな演奏を目指しましょう!
>フルートで、彩りある生活を。

フルートで、彩りある生活を。

憧れのフルートを、あなたも吹いてみませんか?