講師:佐々木 ふみ

一日の生活イメージ ・音楽歴・
愛知県立芸術大学卒業。フルートを友田美智子、村田四郎、寺本義明、庄田奏美、新井力夫の各氏に師事。第15回かながわ音楽コンクール高校の部入選。第16回日本クラシック音楽コンクールフルート部門入選。第1回飯綱ムジカフェスタコンクールデュオ部門第一位。第29回夏期草津国際音楽アカデミーに於いてW.シュルツ氏に師事、ステューデントコンサートに出演。2015年1月横浜市イギリス館にて初のリサイタルを行ない、好評を博す。その他、よこはまマリンコンサート、ヨコハマ・ワーグナー祭など各演奏会に多数出演。現在は神奈川県を中心に演奏活動を行なう傍ら、後進の指導にも力を入れている。横浜音楽文化協会、横浜市民広間演奏会、戸塚区演奏家協会、日本フルート協会各会員。

 


フルートとの日々は、人との出逢いの日々

私とフルートの出会いは小学校三年生のときでした。
家にピアノがなかった私は、友達が誰も習っていない「フルート」に、なんとなく憧れを抱いていました。理由も「みんなやってないし、かっこいいから」でしたが、頼み込まれた両親が近所の音楽教室でフルートを習わせてくれました。

たまたま私の兄弟のお友達のお母さまがフルートの先生ということを知り、音楽教室の教材が終了と同時に、個人の先生に移りました。
そこでは先生とのつながりや、本格的な音作り、コンクールに向けて頑張ることなど、私にとって貴重で大切な経験をすることができました。受験で就いた先生、また大学での勉強でも、演奏の楽しさや難しさ、厳しさに触れました。

愛知県立芸術大学を卒業後は、大好きな地元・横浜で音楽の素晴らしさを伝えるため、音楽活動を行なっています。
所属団体の「横浜市民広間演奏会」では、横浜市庁舎はじめ三渓園、氷川丸、日本郵船歴史博物館など、横浜の文化観光地で演奏しています。
出演者の代表としてfm Yokohamaに出演・演奏したことは、最も緊張した思い出です。
「横浜音楽文化協会」では、素晴らしい先生方のご指導のもと、みなとみらいホール大ホールでフルート四重奏を演奏したり、よこはまマリンオーケストラで演奏させていただいています。